excitemusic

これからは本当のことを書こう! (益田市の真実)
by kiyo5071
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


メジロ

最近、メジロが増えたようです

 朝、屋外に出ると必ずといっていいくらいにメジロの「ピィ~~」という甲高い澄んだ鳴き声が聞こえます。庭の木に目をやると、茂みのなかでせわしなく動き回っているのが見えます。

 庭の木の枝にみかんを半分に切って刺しておくと、どこからともなくメジロがひっきりなしにやってきてこれをついばんでいます。

f0022084_040951.jpg


 昔は、年齢に関係なくメジロ好きが結構いて、あちこちの縁側などに竹で作った長方形の鳥カゴが吊るしてあったものですが、最近は滅多に見かけなくなりました。

 (この近所では80歳代と60歳代の男性が二人飼っていますが、この二人は私が知っている限り、これまでメジロの飼育を途切らせたことはありません。)

 メジロには金属製の鳥カゴは似合いませんね。メジロに似合うのは竹カゴです。この竹製の鳥カゴもペットショップで売っていました。しかし、ほとんどは飼い主が自分で作っていたようです。
 鳥カゴを巧く作られない子供は、近所のメジロ好きのおじいさんやおじさんに頼んで作ってもらうことも珍しくありませんでした。

 家で飼うメジロの捕獲には二つの方法がありました。

 その一つは「トリモチ」で獲る方法

 小さな竹を切って表面に「トリモチ」を塗りつけ、その先っぽに椿の花を挿します。それをメジロの入った鳥カゴに差し込んで、花の蜜を吸いにくる椿の木の枝に鳥カゴを吊るしておくと、カゴのなかのメジロの鳴き声に誘われて野生のメジロがトリモチの塗ってある竹の枝にとまります。
 それを急いで捕まえるのですが、メジロが驚いて暴れると、トリモチが羽毛にくっついてしまいます。この捕らえ方にも技術が必要でした。

  トリモチは小さな金属製の缶に入ったものがペットショップで売られていましたが、これも昔は皆自分で作ったものです。
 モチノキ、クロガネモチなどの樹皮を5~6月に取り、これを秋まで水につけておいて、平らな石の上において手頃な石でそれを叩きます。適当なところでそれを流水で洗います。これを3~4回くりかえすと、ネバネバしたガムのような粘着性の強い「トリモチ」ができるのです。
 これも上手な人が作ったものと下手な人が作ったものでは粘着度が違っていました。

 二つ目は「カスミ網」で獲る方法

 「カスミ網」は、黒い細い糸で作った網です。これをメジロがよくやってくる木の回りに張り巡らすと、飛んできたメジロがそれにひっかかります。メジロには黒い細い糸で作った網が見えないのです。それで「霞網」というのです。ですから、これは農作物を鳥害を防ぐ「防鳥ネット」とは違います。

 これも昔は普通にペットショップで売られていて、そんなに高価なものではありませんでしたから子供でも簡単に買うことができました。
 しかし、かすみ網にかかった野鳥は強いショックとストレスを受けます。なかにはショック死するもの、網から外す際にケガをするものもあります。このように、カスミ網は野鳥にとって非常に危険なものですから、現在は使用することはもちろん、所持することも違法となっています。

(だけど、ネットなんかで検索すると、海外への輸出用、研究調査用のものはまだ国内で生産されていて、国内でもそのルートから外れて市中に出回っている実態もあるようです。)
 
 それで、当時もトリモチで獲る方法の方がなんとなく上品で趣がありましたので、カスミ網で捕獲することを嫌う人は多かったように思います。

メジロとモズ

 軒先に吊るした鳥カゴのなかで、メジロが狂ったように騒ぎはじめるときがありました。百舌鳥(モズ)が近くに来ているのです。

 メジロのパニックが続いて弱ってくると、百舌鳥は鳥カゴの縁にとまり、狙いをすませてメジロの頭をくちばしで一撃!
 その一撃でメジロは息の根を止められる・・・そうした場面を何度か見たことがあります。

 殺したメジロはカゴのなかに入っているのですから、モズは食べることはできません。傍から見る限りでは、モズはメジロを殺すことを楽しんでいるように見えましたが・・・本当のところはよく分りません。

 今朝、庭に来るメジロを見ていて、つい昔のことをなにかやと想い出してしまいました。
[PR]
by kiyo5071 | 2008-02-13 01:11 | 雑感
<< あれやこれやと・・・ 権限移譲(2) >>